各種給付(国民健康保険)

限度額適用認定証

国民健康保険加入者で原則、保険税の滞納がない方。

70歳以上の方については、現役並み所得者(課税所得690万円未満)及び住民税非課税世帯の方のみ、限度額適用認定証が必要となります。それ以外の現役並み所得者(課税所得690万円以上)及び一般の区分にあたる70歳以上の方については、医療機関へ国民健康保険証を提示することで、負担割合に応じた自己負担限度額までの窓口負担となりますので、限度額適用認定証は不要です。

 

出産育児一時金の支給

国保の被保険者が出産したときには、42万円が申請により支給されます。妊娠4ヶ月(85日)以上であれば死産、流産の場合でも支給されます。ただし、他の健康保険から出産育児金の支給を受けることができる場合は支給されません。

国民健康保険証、印鑑、通帳をご持参のうえ申請をお願いします。(出生届の際手続きを行います。)

下記を参照下さい。

葬祭費の支給

国保の被保険者が亡くなったときには、5万円が申請により支給されます。

国民健康保険証、印鑑、通帳をご持参のうえ申請をお願いします。

下記を参照下さい。

移送費の支給

国保の被保険者が、医師の指示によりやむを得ず入院や転院などの移送に費用がかかったときは、申請し国保が必要と認めた場合は、支給されます。

国民健康保険証、印鑑、医師の意見書、領収書、通帳をご持参のうえ申請をお願いします。

関連ファイルのダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

住民福祉課 健康づくり係

〒390-1188
長野県東筑摩郡朝日村大字古見1555-1
電話:0263-99-2540 ファックス:0263-99-2745
お問い合わせフォームはこちら