新庁舎建設概要

新庁舎交流ホールの写真

朝日村役場(新庁舎)は平成30年3月に竣工し、5月7日に開庁しました。

新庁舎概要

所在地

長野県東筑摩郡朝日村大字古見1555-1

構造

木造 軸組構法

敷地面積

9580平方メートル

建築面積

2459平方メートル

延床面積

2245平方メートル

主な構造材

村産カラマツ集成材

主な内装材

村産天然カラマツ材、村産ケヤキ材、村産ヒノキ材、村産アカマツ材、村産クリ材、村産イチイ材

主な什器

  • 会議室机/村産ケヤキ材
  • 議場机・執務室カウンター/村産カラマツ

1 建設経過・概要紹介

建設の研究検討は平成23年7月に始まり、約7年の歳月を経て竣工を迎えました。
朝日村の面積の約87%が山林で、約6割を占めるカラマツ材を伐りだし、村産材で造り上げた庁舎です。
以下により概要をご紹介します。

新庁舎外観の写真
新庁舎執務室の写真
新庁舎大会議室の写真
新庁舎応接室の写真

この記事に関するお問い合わせ先

企画財政課 企画財政係

〒390-1188
長野県東筑摩郡朝日村大字古見1555-1
電話:0263-99-4107 ファックス:0263-99-2745
お問い合わせフォームはこちら