アカマツの松くい虫被害対策のため、森林の伐採、再造林を行っています。

これまでの取り組みと概要

朝日村では松くい虫被害対策に取り組んできました。

特に、枯れた樹木の伐採対策を行い、森林病害虫の予防と駆除を行ってきました。

しかし、朝日村内の新田河岸段丘(鎖川沿い)と横出ヶ崎から芦の池までの被害が深刻です。

 

そのため、地権者のご理解とご協力をいただきながら、アカマツの伐採、新たな樹種を植える再造林事業を5ヶ年計画で実施しています。

事業は、松本広域森林組合が主体となり、実施にあたり「長野県森林作業道作設指針」に基づくなどの安全対策を講じながら実施していますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

R412_zyusyutenkan