戸籍の届出

戸籍は、人が生まれて死亡するまでの間における身分関係を公に記録し、夫婦と氏を同じくする子を単位として作られる身分関係の系譜であり、その身分関係を公に証明することを目的とする制度です。
どんな時にどのような届出が必要なのか、下記の表を参考に届出をしてください。

戸籍の届出

戸籍の届出は土・日・祭日等や夜間の役場閉庁日も受付ていますが、後日再度お越しいただく場合もありますので、あらかじめご相談ください。

戸籍の届出一覧表
戸籍の種類 届出期間 届出地 届出人 持参するもの・注意事項
出生届 生まれた日から14日以内 本籍地・出生地・届出人の住所地の市町村役場 父または母 ・出生届(出生証明書は病院等からでます)
・印鑑
・母子健康手帳
・保険証
死亡届 死亡の事実を知った日から7日以内 死亡者の本籍地・死亡地・又は届出人の住所地 同居の親族、同居していない親族等 ・死亡届(死亡診断書は病院等からでます)
・印鑑
・保険証(国保に加入の世帯の場合)
・老人医療受給者証
・福祉医療費受給者証
・介護保険被保険者証
・印鑑登録証
・年金証書
※火葬手続き
婚姻届 婚姻届を提出した日が婚姻日 夫及び妻の本籍地・住所地・所在地 夫及び妻(成年者の証人2人が必要) ・婚姻届
・印鑑(届書に押印した印)
・戸籍謄本(本籍地以外の市町村に提出する場合)
※未成年者が婚姻するときは、父母の同意書が必要です。
離婚届 (協議) 離婚届を提出した日が離婚日 夫及び妻の本籍地・住所地・所在地 夫及び妻(成年者の証人2人が必要) ・離婚届
・印鑑(届書に押印した印)
・戸籍謄本(本籍地以外の市町村に提出する場合)
※離婚の際に称していた氏を称する場合は別に届出が必要になります。
離婚届 (裁判) 裁判確定または調停成立の日から10日以内 夫及び妻の本籍地・住所地・所在地 訴えを提起した者または調停申立人 ・離婚届
・調停調書の謄本または裁判の謄本及び確定証明書
転籍届 転籍届を提出した日が転籍日 本籍地・住所地・転籍地 筆頭者及び配偶者 ・転籍届
・戸籍謄本(同じ市町村管内転籍の場合は必要ありません)

※ 婚姻届、離婚届(協議)、転籍届の提出の際、届出人の本人確認のため運転免許証・パスポート・住基カード等の官公署発行の顔写真付の証明書を持参してください。

上記の他に、「養子縁組届」「入籍届」「認知届」などがあります。詳しくは住民福祉課戸籍住民係にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

朝日村役場 住民福祉課
〒390-1188 長野県東筑摩郡朝日村大字小野沢296-5
電話:0263-99-2001/FAX:0263-99-2745

  • 朝日村紹介
  • ふるさと応援寄附
  • 統計情報
  • 申請書ダウンロード
  • 朝日村例規集
  • 朝日村マップ
  • 施設ガイド
  • 村営バス
  • 入札・契約情報
  • 補助金・融資制度
  • 暮らしに役立つリンク
  • よくある質問