朝日村

資源物・ごみ収集の出し方

資源物・ごみ収集日と分別の種類

年度ごとの収集日と収集品目の分類について紹介しています。


「重要」 ゴミ分別の一部変更の案内とお願いについて

◆ 「使い捨てライター」の分別が 2019年4月から変更になります。
  ご理解とご協力をお願いします。
 「うめたてごみ」 → 「危険物」

 へ変更になります。ご協力お願いします。 


※村では年度毎に生涯学習カレンダーをお配りしています。
ごみについての日程・出せるもの等載っております。
世帯1部は無料。それ以上必要な場合は有料。

データ(PDF)でのご用意もしております。
PDFのダウンロードは下記をご参照ください。

(それぞれ、選択すると、さらにサイズの大きな画像が表示されます)


収集日程

nittei

 PDF版のダウンロードはこちらから → 「2019年度版 朝日村資源物・ごみ収集日程表」(PDF)


分別のルール

 2019.4~ 「使い捨てライター」の分別が

 「うめたてごみ」 → 「危険物」

 へ変更になります。ご協力お願いします。

bunnbetu

 PDF版のダウンロードはこちらから → 「2019年度版 朝日村ごみの出し方・分け方」(PDF)

資源物・ごみの指定袋と手数料について

 

ごみ減量とリサイクルの促進による循環型社会の構築と地球環境の保全をふまえ指定袋と袋の有料化を行っています。

環境負荷を抑えるためにも、分別にご協力いただき、再資源化をお願いいたします。

 

(指定袋1枚あたりの証紙代)
資源物・ごみの袋の種類 袋の大きさ 小 袋の大きさ 中 袋の大きさ 大
もえるごみ 14リットル15円 25リットル30円 45リットル60円
うめたてごみ 8リットル15円 18リットル30円 30リットル60円
プラスチック製容器包装 45リットル手数料なし
古布・その他金属(任意の袋) 45リットル手数料なし

 

ごみステーション(一般廃棄物集積所)について

戸建住宅にお住まいの方

窓口では、村内で最寄りの資源物・ごみ収集所を紹介しています。

※ 収集所は地区や地域の皆さんで管理されています。

  勝手に出すことは出来ませんので、ごみを出す前に必ず役場にお問合せください。

  地区での取決めにしたがって、出してください。 

窓口での転入者への案内


次のことを案内しています。
 ① ごみの分別ルールを守り、減量に努めてもらうこと。
 ② ごみは最寄のステーションに出すこと。
 ③ ごみステーションは地区・地域の方によって、管理運営されていること。
 ④ ごみを出す前には、地区加入にかかわらず、地区(代表者)に了解をとり、
   使用にあたっては、地区毎、ステーション毎のルールを確認して、したがってもらうこと。 

集合住宅にお住まいの方

集合住宅専用の収集所については村の日程とは異なる場合があります。

大家さんか管理会社にお問合せください。

直接持ち込みについて

 

・ 一般家庭の「もえるごみ」「埋め立てごみ」についてはクリーンセンターに直接持込ができます。

持ち込めるもの、持ち込めないものなど、詳しくは「ごみの分け方・出し方」をご参照ください。

クリーンセンターに持ち込めるもの

 (資源物は持ち込めません。お持ち帰りいたただきます)

「可燃物」
   ・生ごみ、廃プラスチック、資源化できない可燃物(ボロや土の混じった剪定木など)


「不燃物」
   ・埋め立てごみ … 割れ瀬戸、割れガラス、植木鉢、花瓶、アルミガード、ライターなど
   ・有害物     … 乾電池(種類毎分別)、温度計、蛍光管(電球型蛍光管含む)


「可燃裁断ごみ」
   ・家具類 … プラスチック、木材など焼却できる家具(可能な限り、金具などを外してください。)
   ※ 詳しくは、「ごみの分け方・出し方」を参照ください。

siojirikurinn 塩尻クリーンセンター (塩尻市公式ホームページ)

※ 写真は塩尻クリーンセンターの外観です。 

 
持込み場所 クリーンセンター(塩尻市)
住 所 塩尻市柿沢303番地
電話番号

0263-56-2221

受入時間 午前8時30分 ~ 午前11時45分、午後1時 ~ 午後4時30分
持参品 身分証(朝日村・塩尻市の方であることを確認させていただきます)
受入日 平日、土曜日の午前、祝日の月曜日
※毎週土曜日(祝日を除く)も午前8時30分から正午まで受け入れいたします。
処理料金 10キログラム 毎150円 (資源物はお持ち帰りいただきます)※税込
 (※ 塩尻市・朝日村指定の袋(可燃・埋立)にいれて持ち込んだ燃えるごみは無料)
 (※ 可燃、埋立など、種類ごと、10キロ以下でも、150円かかります)


家電リサイクルについて

家電リサイクル法の対象機器

テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機、エアコン、衣類乾燥機など
(※ 法改正などで、品目が追加される場合があります)

対象機器の処分方法

次の3つの方法があります。

「1」 家電量販店に処分を依頼する。
  (新品購入が条件になっているケースもあります)

「2」 メーカー指定の取引場所へ持ち込む。
  (郵便局で、リサイクル料金を支払う必要があります)

「3」 村指定の許可業者に処理を委託する。
  (詳しくは、指定業者 ((有)あずさ環境)までお問い合わせください)

違法回収業者にお気をつけください。


・処分を検討されている方は、見積もりを取る際に許認可を受けた業者か確認ください。
・違法回収業者が適正に処分しない場合、依頼された方に責任が及ぶことがあります。
・積み込んだ後に、高額請求される事例が相次いでおります。処分の際には、ご注意ください。

小型家電について

・朝日村では、「その他金属」の回収の際に、小型家電の回収を行っています。
・「家電リサイクル法」に該当しない小型、中型の家電を回収します。
・なお、電池や燃料などは取り除いてください。分別収集にご協力ください。
・工具を用いた分解は必要ありません。  

 

関連ファイルのダウンロード

このページに関するお問い合わせ

朝日村役場 建設環境課
〒390-1102 長野県東筑摩郡朝日村大字古見1555-1
電話:0263-99-4103/FAX:0263-99-2745