武居城公園茶室

安らぎのこの地で中世のロマンが甦る。
静寂のなかで味わう、ホッとする休息の時間。

  清水がこんこんと湧く、昔のままの自然

戦国時代の豪族、三村氏の築城と伝わる武居城跡の水の手であった鳥飼いの清水には、現在でも清らかな水は、人の心を安らかにするもの。四季を通じて自然を楽しみながらのお茶は格別です。また、夜10時まで利用できるので、月見や雪見などの風流を味わうこともできます。

和合庵は、長野県史跡に指定(平成4年2月)されている武居城跡の西山麓に設置されている本格的な茶室です。茶にとっては命である清水が現在も湧き、周辺は水芭蕉や花菖蒲、萩などが植栽され、四季を楽しむ周遊的な公園が整備されていて、落ち着いた空間となっています。

茶室はこの地域の名称を使って「和合庵」と名づけられ、地元をはじめ松本市・塩尻市などの茶道愛好家や一般の方々に利用されています。「和合庵」は京都裏千家の又隠(ゆういん)を模して建てられた本格的なもので、待合、寄付、四畳半、八畳広間、露地などのほかに茶道具や会席用の道具も揃った、茶道愛好家にとって便利な施設となっています。茶を嗜むほかに仲間同士のゆったりとした時間を過ごすのに最適な場所ではないでしょうか。  

 

  利用時間

9時00分~22時00分

利用料金

1室半日510円。(冬期は暖房費510円プラス)

四季を感じる花々

季節によって様々な花が咲くのも特徴です。
是非写真に収めてみては。
 

     水芭蕉

菖蒲

菖蒲

    アジサイ

ハスの花

 

お問い合わせ先・予約先

朝日村役場産業振興課商工観光担当 電話0263‐99‐2001

 

このページに関するお問い合わせ

朝日村役場 産業振興課
〒390-1188 長野県東筑摩郡朝日村大字小野沢296-5
電話:0263-99-2001/FAX:0263-99-2745

  • 朝日村紹介
  • ふるさと応援寄附
  • 統計情報
  • 申請書ダウンロード
  • 朝日村例規集
  • 朝日村マップ
  • 施設ガイド
  • 村営バス
  • 入札・契約情報
  • 補助金・融資制度
  • 暮らしに役立つリンク
  • よくある質問